忍者ブログ
プラモ製作記や日々の出来事を気の向くままに~

実はコレが当たったのだ

2012kannkannsiki1.jpg


じゃ~ん !!!!!
2012年海上自衛隊観艦式 乗船チケット!!


以前 家庭で こんなやり取りがあった。


嫁「これ 知ってる?」

私「カンカンシキ? な~にそれ? 聞いた事無いな~」
  へー 船に乗れるの?いいね! ほんじゃ出してみれば?」


ってな 感じで 
嫁が応募したら当たってしまったのだ ^▽^)ノ 


後々調べてみると 
なにやら 全国から観艦式を見に来るほどの
人気イベントであり 総理大臣とかも来るらしい

観艦式と言うものが何なのかすら
解っていないようなウチらに当たってしまって
なんだか とても申し訳ない ・ ・ ・ ・ (^∀^ヾ 


だが しかし 当たったんだから 行かねば!
と思い 本日行ってきた! ^▽^)ノ

私の乗艦する船は 「ちはや」
どうやら 潜水艦救難艦という種類の船らしい

2012kannkannsiki2.jpg


右の403て書いてあるのが 「ちはや」
おおお 大きくて カッコイイね!!^▽^)ノ


おっし!早速 乗艦手続きだ! ( ゚∀゚)ノ
まずは金属探知機を通過するでござる

「ブブ~!!」

いきなり 見事にひっかかる・ ・ ・ ・ Σ(゚Д゚;

どうやら ベルトのバックルが反応したらしい

そんなこんなで ゴタゴタしてるうちに
どんどん他の乗船者に抜かされる・・・・


と言うのも 早めに行って
いい場所を確保するのが重要だとネットに書いてあった


こう どんどん抜かされては
いい場所が取れないではないか・・・ ,,-_-)ノ


まあ しょうがない
こんな 時代遅れのウエスタンバックルなんかしてる
俺が悪いのさ! ^▽^)ノ
と気を取り直して乗艦!
 

おおお~!!!
コレが自衛隊の船か~!
スゲーな~ 


なんて感心しながら
笑顔で迎えてくれる自衛官方の前を通り過ぎようとした 
その時! 

なぜか 私の娘が引き止められた

「おめでとうございます 403番目の乗艦者です こちらにどうぞ!」

「!?・・・・」



話を聞いてみると ちはや の船番号は403号で
403番目の乗艦者は特別名誉乗組員になれるとの事! 

「ラッキー! 記念品くれるのね あざ~っす!^▽^)ノ」


程度に思っていたのだが 
いい意味で全然違った!


それからというもの もう驚き連続ですわ!
まず この郡司令室を私たちだけで好きなように使っていいとの事

2012kannkannsiki3.jpg

おお スゲー! 
かなり広い 
そして ベットやソファー トイレなど いろいろある!



2012kannkannsiki4.jpg


なんと 風呂まであるじゃん!( ゚∀゚)ノ

・・・・・・

・・・

・・

モチロン実際に入ってみた (^∀^ヾ

2012kannkannsiki5.jpg


 


そして

私たちだけの観艦スペースがあるとの事

 

2012kannkannsiki6.jpg


まじか!! 
落ち着いて見れるじゃん!!
超うれしいです!! |^▽^)ノ

 

2012kannkannsiki7.jpg


おおお~!! まるでプライベートビーチならぬ
プライベート甲板!
ココから観艦すればいいのね!
こりゃ 助かります! |^▽^)ノ

そしていよいよ 出航でございます!


2012kannkannsiki8.jpg

スゲ~!! 船がいっぱい集まってきた!
なんせミリタリー系には疎いので名前がわからんですみません(^∀^ヾ


2012kannkannsiki9.jpg

なんか投下した! スゲー!! 
(落とした物の名前がわからなくてスミマセン(^∀^ヾ|) 
僕 感動です!!!

 

2012kannkannsiki10.jpg

海に着水出来る飛行機や
(実際に海に着水して そこからまた飛び立っていきました)

2012kannkannsiki16.jpg

かなりのスピードで滑走するホバークラフト
想像以上に 速いのね (^∀^ヾ


そして

2012kannkannsiki13.jpg

ラッパを吹かせてもらったり ^▽^)ノ


2012kannkannsiki11.jpg

潜水するときのヘルメットを被らしてもらったり

とても 貴重な体験をさせてもらいました。^▽^)ノ




あと 海から見る横浜はとてもステキだったな~(〃▽〃)

2012kannkannsiki15.jpg


いや~ 観艦式って 最高に楽しいね!^▽^)ノ
ホント 行ってよかった!!


それにしても
自衛官ってビシッと制服を着こなして
みんな笑顔でテキパキ動いて カッコイイね!!

私がもし もっと若い頃に この体験をしていたら
海上自衛隊になりたい!って思ったかもしれないな~
なんて思ったりした。

こうした方々のおかげで 日本の安全は守られているのか~!
と隊員の方々に感謝の意を覚えた 今日この頃でした。

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< スマートフォン2000GSS HOME 自分大好き人間 >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
最新記事
カテゴリー
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
P R
カウンター
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]