忍者ブログ
プラモ製作記や日々の出来事を気の向くままに~
平成も終わってしまいますな~(´・_・`)
私は昭和好きなので 
あまり気にしていなかったのですが
平成も既に31年も経っていたんですね
いや~ ほんと 時の経つのは早いです
いざ 平成が終わってしまうとなると
なんか 寂しくなりますな。


まっ それはさておき
車のプラモにおいては 
平成はどんな時代だったでしょうか?
各社、それまでの走らせて遊ぶモーターライズキットから
見て楽しむディスプレイキットに変わり、
カスタムも街道レーサーからVIPカーや走り屋に変わり
地味車や、キット化されていない車のキット化合戦 等々
思い返してみると、色々変化はありましたね
そうそう プラモの価格も急上昇した時代でもありました。


そんな 平成のプラモデルですが
私は、このキットを Best Kit of 平成
に選びたいと思います
タミヤ R32 スカイラインGT-R(平成元年11月発売)
いや~ このキットにどれだけお世話になった事か
四輪独立した足回り構成や 
精密再現のシャシーやエンジン等
今のプラモの基礎と言っても過言ではないと思います。
当初は、それまでのモーターライズキットから比べて
パーツ点数が多く、めんどくささを感じましたが
今では、これぐらいの再現度が無いと 
逆に物足りなく感じてしまいます。


さて 次の時代 令和では どんなキットが
出てくるのでしょうか? 楽しみですね。(^O^)/


 
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 令和 イッパツ目! HOME 整備の際には是非お手元に >>
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
最新記事
カテゴリー
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
P R
カウンター
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]