忍者ブログ
プラモ製作記や日々の出来事を気の向くままに~

本日はプラモは全く出てきません

私はプラモや車の他に
大好きな物がもうひとつある

それは音楽だ!|^▽^)ノ
 

私は20代の前半ミュージシャンを目指していた
(挫折したが・・・(^∀^ヾ)
それほど音楽が大好きだ!
私を音楽好きにしたのは
この人たちだ! 


e835ae89.jpg


THE BEATLES!!
20世紀最大に有名なバンドと言っていいだろう!
時代背景が彼らを押し上げただけではない
やはり 実力もセンスも素晴しい!
中学の時、始めて聞いた時から  
私の心は彼らに奪われっぱなしだ。

THE BEATLESは
R&Rも似合えば、バラードも似合う、
ブルースも似合えば、クラシックも似合う
超オールマイティーなのだ!
彼らに似合わない音楽は無いのではと思う。

残念ながら ジョンとジョージはもういない
私は、後悔などしたくない!
と思って生きているが
彼らをリアルタイムで見れない
時代に生まれてきた事だけが唯一の後悔だ。
といっても 
私自身が決めれない事なので
どうしようも無いのだが・・・(^∀^ヾ|

もし今、彼ら4人のコンサートが開かれる事になったら
私は何百万円払ってでもいいから行って、
彼らの演奏を生で聞きたい!

少々前置きが長くなったが
今日は、LetsGO!が勝手に決めた
BEATLESベスト10をお送りしたいと思う。

 

第10位
「Slow Down」

陽気なR&Rナンバー! 
元曲はLarry Williams
初期のBEATLESは彼の曲を多くカバーしており、
よほど彼がお気に入りだったのだろう。
元曲の方がカッコイイけど
ビートルズ版も好き!

第9位
「We can work it out」

抑揚のある曲で
途中でリズムが落ちる所なんざ
センスを感じずにはいられない!


第8位
「Mr.Moonlight」

南国チックで なんとなく幸せになれる曲
最初の 「ミスタ~ ア~ ム~ンラ~イ」
の部分なんざ 今聞いても斬新だよね!


第7位
「One After 909」

シンプルなコード進行の中に激シブさを
感じるナンバー!ポールの力強い低音ハーモニー
がカッチョいい!
初期にも演奏しており 
この初期バージョンの方が好き!


第6位
「Any Time At All」

パンチが聞いたサウンドがシビレル!
いいね~!ビンビンくるね この感じ!
最高だね!隠れた名曲ですな!


第5位
「Get Back」

何なんだろうこの独特な雰囲気は!
まるで中毒のように聞きまくった。
きっと本能的に好きな曲なのだと思う


第4位
「Magical Mystery Tour」

何度聞いても
マジすか!? 
マジで1960年代の曲ですか?
コレって未来から来た曲ですよね!?
って感じで 何より聞いててワクワクする!!


第3位
「I Saw Her Standing There」

単なる3コード ロックンロールではない所に
ビートルズっぽさが存分に出てる!
ポールのボーカルが光る
ビートルズロックンロールの決定版!!


第2位
「And Your Bird Can Sing」
ユニゾンのギターパートが美しい!!  
中期のビートルズの全てが表現されている気がする
こんな 素晴しい曲が 
なぜシングルカットされなかったのか不思議!
もう!とにかく素晴しい!


第1位
「Let it be」
名曲中の名曲!
メロディライン、アレンジ、歌詞
どれをとってもパーフェクト!
初めて聞いた時 感動のあまり震えた!
何千回聞いたかわからない
私が全ての音楽の中で一番好きな曲!
今後も何千、何万回と聞くと思う!


いや~
音楽と言うのは実に素晴しいですね!
強弱の付け方、間の取り方、回りの音とのバランス
全てが上手くいったとき 最高のセッションになる。
それは 人生においても全く同じだ。

皆さん最近、音楽を聴いていますか?
是非、自分の好きな音楽を聞いてください、
そして口ずさんでください。
きっと 心が晴れますよ ^▽^)ノ 

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 合体! HOME 450SL開始! >>
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
最新記事
カテゴリー
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
P R
カウンター
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]