忍者ブログ
プラモ製作記や日々の出来事を気の向くままに~

何かと大活躍な
我が愛車 スペイシー君

 

最近、コイツに乗ると 
雨でもないのに なぜか濡れる
それも 股間が。。。。


(゜∇゜ ;)!?
まさかっ!!
これが 頻尿ってやつか!!


あ~ 俺も 
ついに終わった。。。


おい かあさん
ポリデント
(意味不明)


って おい!!!
まだ 30代後半
ちょっと 早すぎる σ(^_^;)アセアセ...


 


どうやら その原因は
これらしい

 

シートちょっと切れてる。。。。
最近の雨でシートの中のスポンジに
雨水が入り込み
それが 乗るたびに 股間に。。。
って感じっぽい


ってな訳で シート張替える事にした
ビンボーなので もちろんDIYだ!(^O^)/
大抵の車種のシートは表皮だけ売ってるので
それを買って張り替えればOKさ(^O^)/


奥様用 原付のシートも確認したら
 
 

おや まあ!
こちらも結構 切れていたので こちらも一緒に張替え


まず おもむろに
シートをはずしましょう (^O^)/
ホッチキスの芯のデカイので
止まっているだけなので
マイナスドライバーでこじっていくと



いとも簡単に外れる



そしてウレタンは概ね良好


 で 新しいシート皮をシワにならないように
張るだけ


で その際に使用する道具はコレ




タッカーという道具
要は ホッチキスのデカイのだ
コレは 昔、オートバイのレストアに熱中してる時に
買ったものだが 確か1000円ぐらいだったような気がする
今はもっと安いと思う


これで バシバシ 新しいシート表皮を
しわにならないように 打って行くのだ



しかし 注意点がひとつだけある
付属の芯では無く
足が4mm の芯を使いましょう
理由は こんな感じ


 


多分 高さ8mmとかの長いの使うと 
内股がチクチクすると思う
4mmだと シートベースを突き抜けず丁度いい (^O^)/


そして シート表皮の余分なところとカット



でシート完成 (^O^)/

 

うほっ! 
2台ともいい感じですな(^O^)/
自分でやれば 2台やっても 
2000円以下で収まりました 
うん 満足(^O^)/ 


 


で くっつけて 終了!
あ~これで 股間ビショビショ地獄から
やっと開放された!(^O^)/


そして ちょいと宣伝を少し
先日 とってもイカす本が出ました


 


 モデルカーズチューニング!!
http://amzn.to/1PACQJe
模型好きの方はもちろん
車好きの方も楽しめる本だと思います


歴代セリカの作例が満載
そして アオシマのチューニングカーシリーズ開発裏話や
タミヤのCRX PROを参考に 実車のCRX PROを作った話など
超読み応えある内容です
是非 よろしくお願いします。(^O^)/


当方は コチラを担当しました


 


 ハコスカふたつ  左はGTで 右はGL


 
GTはLYエンジンを積んで


GLはFJエンジンを積んだでございます。


 ああ 実車で
この仕様にイジリたい
絶対楽しそう (^O^)/


はぁ~ Σ(T□T)

なんで はこすか 売っちゃったんだろ。。。

 


ハコスカ在りし日の お も ひ で |дT)o  。。。

 


あああ 大好きだ ハコスカ~!!!! (T-T) ウルウル

また 欲しいよ~


「車は買っても売っても損をする物だから
お気に入りのヤツとトコトン付き合いたいよね」
by 徳大寺 有恒

ほんと その通りだと思います。


次 ハコスカ買うチャンスがあったら
今度はトコトン行きたいね。 (^O^)/

PR

 さて 本日は、日頃の足で
大活躍してくれているスペイシー100のお話(^O^)/ 

tire1-17.jpg

最近、ちょっとガタが出て来た感じがする
なんか スムーズが感じが無くなったいうか
乗ってて気持ちよく無いっていうか。。。
全体的に ヤレた感じ。。。

よく考えたら 新車から10年経ってるので
ここらで 本格的にリフレッシュしてあげる事にしたのだ(^O^)/


まずはタイヤ(^O^)/
チェックしたらFrは平気だったが


Rrが丸坊主。。。
こりゃ交換せねばパンクしますな(;^_^A ・・・

早速交換しませう




スクーターのRrタイヤは
大抵場合マフラーを外さないと外れません


 

タイヤが外れました
そんで ちゃっちゃとタイヤ交換しちゃいましょう
(ついでに 虫(エアバルブ)も交換しましょう)


 

組みつけの際は
タイヤの軽点マークをエアバルブ位置に合わせましょう (^O^)/
ついでに ブレーキシューも交換!




交換・・・・・・・ しようと思ったけど 
まだ大分残量が残っているので
交換不要ですな 
(Rrブレーキ全然使っていないってことか? (・・?..)?)


お次は、 駆動系のOH行きましょう!

クランクケースカバーを外して
クランクケースを外すとこんな感じ

 

おおお メカメカしいですな (〃∇〃) ☆

早速 ドライブベルトをチェック!
ベルトを外すためには エンジン側プーリーとクラッチ側プーリーを外します

 

特殊工具を使ってプーリーを固定し
エンジン側プーリーのセンターナットを外します

 

そして クラッチ側もプーリーを特殊工具を使って
固定してセンターナットを外します



各プーリーと共に ようやく ベルトが外れましたな (;´▽`A``

どれどれ ベルトはどんな具合ですかな?
 

おっ かなり磨耗しますな
はい交換しましょう

そして お次は
エンジン側プーリーにある
ウエイトローラーをチェック!



普通 コレぐらい走っていると 段付き磨耗するのですが
珍しく異常な磨耗は見受けられませんでした
しかし、今回は加速を少し良くするために
純正仕様の11g×6個=66gから
(11g×3個)+(9g×3個)=60gに変更します



うおお どんな加速になるのか楽しみ~ (///∇//)



そして お次はクラッチ!



クラッチは残量ゼロじゃん。。。

よく走っていたな ・ ・ ・ (;^_^A

 

早速クラッチシューとクラッチスプリング
を新品に交換してOK (^O^)/


お次はフロントフォークのOH!



なぬ!!!!!!!!!!
ちょーキタねー
フォークオイルだだ漏れじゃんか
どうりで 乗り心地が悪かった訳だ (;^_^A ・・・

早速カウルだのタイヤだのを取っ払います

 
 
Frフォークを取り外すまえに
トップのボルトとボトムのボルトを
緩めておきます。
(フォークを外してからだとボルトを外すのがメンドイので
 フォークを外す前に緩めることをオススメします(^O^)/)

で フォークを取り外し
おもむろに分解

 

フムフム 消耗尾品以外は
大丈夫そう
早速 シール類を交換しましょう

 
ダストカバーを外しましょう
(マイナスドライバーでこじってやれば外れます)

そして 見えてくるのが
オイルシール!



うおっ!
なんじゃこりゃ!
オイルシールがグダグダじゃんか
こちらもマイナスドライバーを使ってこじって
外します ボトムケースを傷つけないように注意しましょう (^O^)/

 
あらら 
これじゃフォークオイルがダダ漏れして当然ですな 
もっと早く点検してあげればよかった (;^_^A ・・・


で 各部品を清掃して組み付けて
フォークオイルを入れましょう
右も左も規定量のオイルを入れます
そして右と左で油面が同じか確認します
(大体合っていれば問題ありません)



おおお きれいになった(^O^)/


お次はフォークオイルで汚れてしまった
FrブレーキキャリパーのOH!!

きゃーベトベト~!!

早速分解



ダストシールもピストンシールも
特に問題なさそうだけど
せっかく部品を用意したので交換

で各部清掃して
スライドピンもグリスアップして完了

 

おおおお 良いね
超きれいになったね (^O^)/


で 全部組み立てて 10年目の大リフレッシュ整備完了!



おお ピカピカ! (〃∇〃) ☆


で 早速試乗した感じ
超乗りやすくなった
加速は 多少良くなった程度だったけど
(ウエイトローラーをもう少し軽くした方が良かったかも)
一番 驚いたのは新車当時から
83チョイぐらいしか最高速が出なかったのが
今回のメンテしたら、90チョイまでかるく出るようになった

理論上 今回は消耗品の交換しただけなので
新車以上に最高速が伸びる訳がないのだが
なんでだろ? 不思議。。。

だから 
原付はオモシロくてやめられないのだ (〃∇〃) てれっ☆

本日は訳あって仕事が休みでございます

いや~いいですな~
平日に休みってマッタリしてて最高です(^O^)/


さて せっかくの平日休みをどう過ごそう?
いろいろ考えた結果、
かねてからやりたいと思っていた
平日休みでしか出来ない事を実行することにした。

 

昨年末に 我が家で
こんなやり取りがあった

嫁 「鎌倉市が原付用のご当地ナンバーを作るらしいわよ~」
 
私 「えっ!? 原付に鎌倉ご当地ナンバー!?」
  
 当方の浮かんできたイメージ 

 
私 「役人の考えた物なんぞ どうせ あれだろ?
   大仏の形のナンバープレートとかで 
   ナムアミダブツナンバーとか呼ばれるのがオチだろ!?
   今の普通のナンバーの方がよっぽどいいぜ!(*`・з・) 」

 
 

 うむ! やっぱ 普通のナンバーが似合ってるよ


ご当地ナンバーなんか要らねーぜ (-o-)/


・・・・・


・・・


・・


 

 


あれ!? このナンバー?


あんだけボロクソに言っておいて??


まさか・・・


・・



 

付けちゃった (〃∇〃) てれっ☆

 

原付二種の方も (〃∇〃) てれっ☆


・・・・・・



・・・・


・・

 
・゚・(ノω;`)・゚・ヴぅ゙ぅ゙ぅ゙ヴ 


ごめんよ~ 
ご当地ナンバーくん
こんな素敵なデザインだとは
思わなかったんだよ~

超イカスじゃんか これ~!!
このイラストって
鎌高の横から海に抜ける道の風景だよね!?
(下の風景)



細い坂道登りきると
海と江ノ電とが織り成す
ドラマチックかつセンチメンタルな風景がひろがって
とても好きなんだよな~!(〃∇〃) 
この風景をナンバーに取り込むなんざ
いいね!!見直したよお役所さん
 

変更方法は超簡単!
市役所行って 申請するだけ!
そして料金はタダでございます
ものの5分程で終了
(ナンバーが変わるので自賠責の記載変更も必要です)

ってな訳で ご当地ナンバーの申請に行って
平日の休みを満喫した 今日この頃でした。

追伸
基本的にバイクは何も変わってないが
ナンバープレートに ステキな絵が入っただけで
なんか チョットうれしい (〃∇〃) ☆

さて 本日は スペーシーの整備のお話 その2でございます ^▽^)ノ

車両を譲り受けた時に ペシャンコだったFrタイヤ
空気を入れたら一応膨らんだが 1週間もすると
またペシャンコになってしまうので 
こりゃパンクしちゃっててますな~(´-ω-`)

今回は新品タイヤに交換しましょう ^▽^)ノ
まずは Frタイヤを取り外します
基本的にFrフォークの先端のアクスルシャフトを抜けば
取れます


tire1-1.jpg

そして 車両から外れたら
エアバルブの ムシを外して
タイヤの空気をスッキリ抜きましょう

tire1-2.jpg




お次は 
タイヤのビードをホイールの中央に落とします
これを「ビードを落とす」と言います

やり方は リムとタイヤの間にタイヤレバーを
挿し込んで行き、グリグリこじります。

tire1-3.jpg

コレをホイール全周繰り返します。

ビードブレーカーでもない限り
一気にはビードは落ちません。
焦らず地道にやりましょう

tire1-4.jpg


だんだん ホイールとタイヤの隙間が
大きくなってきたでしょう^▽^)ノ

大体2~3周すると ボコっ! という音と共に
ビードが落ちます。
ちなみにビードが落ちた状態がこれです

tire1-5.jpg

反対側も 同じように ビードを落とします。


お次は タイヤをホイールから外します。
タイヤレバーを使ってタイヤの1/4周範囲ぐらいを
めくり上げます

tire1-6.jpg

リムプロテクターとか使ってやると
リムが傷つくのを防止できます
使い古しのTシャツでも ボロきれでも
代用できますので とにかく 何かをはさんで行いましょう。

タイヤがめくれ上がったら
体重を乗せて タイヤを外していきます

tire1-7.jpg

ちなみに 作業全般的に ホイールの傷付き防止のため
古タイヤとかの上で行いましょう ^▽^)ノ


ふい~ ( ´ー`) 
外れましたな

tire1-8.jpg

せっかくタイヤを交換するので
いい機会ですから エアバルブ自体も
交換しちゃいましょう

現在付いている エアバルブを赤線の部分で
カッターで切って新しいエアバルブを組付けます

 

tire1-9.jpg

エアバルブを取り付ける際はエアバルブのゴム部分に
ビードワックスを塗っておくと
はめ易いです^▽^)ノ

tire1-10.jpg

そしてお次は新しいタイヤを取り付けますが
ビードワックスをコレでもか!と言うくらい
タイヤのビード周辺に塗り込みましょう。^▽^)ノ

tire1-11.jpg

 

取り付け方法は 取り外しの逆を実行すればOKです
タイヤレバーを使い 徐々にタイヤをめくり上げて
ホイールにはめます

ホイールにタイヤをはめたら
エアバルブのムシを抜いて 
エアコンプレッサーで一気にタイヤに空気を入れましょう
ちなみに 愛機はコレ
かれこれ 10年使用してるが 元気に働いてくれてます^▽^)ノ

tire1-12.jpg

そのうち ポンっ! と音がして
ビードが乗ります。
ビードが乗ったら ムシを取り付けて
再度空気を規定の空気圧まで入れタイヤ組付は完了


tire1-13.jpg

おおお!! やっぱ 新しいタイヤは 黒々してていいですな~ ^▽^)ノ


お次は プラグを交換しましょう
スペイシー100のプラグは ココのカバーを
開ければ アクセス可能

tire1-14.jpg


覗くと プラグコードが見えます

tire1-15.jpg

プラグコードを抜いて
プラグレンチを使ってプラグを外しましょう

tire1-16.jpg

おおおお 1万8千キロにしちゃ 綺麗だな
でも 新車時から使用し続けてるので
新しいプラグに交換しちゃいましょう ^▽^)ノ

tire1-17.jpg

そして 整備完了!

今回 説明を省略したが バッテリーも新品に取替えたし
(中国産の激安バッテリー なんと千円ちょっとのお値段!
シルクロードで使ってみて2年経った今も特に問題ないので
今回も購入(^∀^ヾ)

リアBOXも取付けたし 
ちょっとした買い物に大活躍しそうな予感!^▽^)ノ


あっ そうそう!
最近プラモの話題がご無沙汰ですが
ちゃんと やってますよ~|^▽^)ノ
450SLと平行して こんなのはじめてみました

R30-2000GTES-1.jpg

R30 スカイライン 2000ターボ GT-ES ^▽^)ノ



 

スペイシー100をこないだチョチョイと
修理としたので 今日はその話題でございます ^▽^)ノ

・セル不動の修理

まずはバッテリー上がりを疑い
DR30からバッテリーをつなげてみる |^▽^)ノ


SPYCY2-1.jpg

だがしかし セルはウンともスンとも言わない・・・・・(´-ω-`)
バッテリーが原因では無いってことは 配線関係がアヤシイ

ってことで
セルモーターの配線をチェック

 

SPYCY2-2.jpg

普通につながってるし 端子も綺麗
特に不具合もなさそうだな
じゃあ なんで セルが動かんのだ・ ・ ・ ・ (´-ω-`)

あと 残るは セルスイッチか?

SPYCY2-3.jpg

早速取り外してバラしてみると


SPYCY2-4.jpg

ん!?  蜘蛛の巣だらけだ・・・ ( ̄□ ̄;)!!
しかも よく見ると蜘蛛が死んでる!
どうやら 蜘蛛が接点の間でご臨終されたようだ
原因はコレだ! |^▽^)ノ!!!

早速 蜘蛛と蜘蛛の巣を掃除して
接点を磨く

SPYCY2-5.jpg

おおお 綺麗になった!|^▽^)ノ
組み付けたら 難なく セルが始動!
ライトまわり分解下ついでにブレーキフルードを足して 完了!


・キックペダルの修理
カバーをあけて 見たら駆動ベルトの磨耗粉が
フリクションとなっている模様だったので
清掃してグリスアップしたら いとも簡単にスムーズなキックに|^▽^)ノ
あっ 写真は取り忘れました(^∀^ヾ


・シートのほつれの修理
SPYCY2-9.jpg

お~ こりゃ雨降後にそのまま乗ったら 
股間がビチャビチャの恥ずかしい状態になりますな (*ノ∀ノ)イヤン

幸い ほつれた部分も範囲が狭いので
普通に糸でチャッチャと縫うのみ!!

SPYCY2-10.jpg

☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ 殆ど解らなくなった


・エンジン外観清掃&チェック
 シートとメットインスペースを取っ払います

SPYCY2-6.jpg

うわっ! キタネー!
砂埃まみれですな (゚Д゚ )アラヤダ!!

SPYCY2-7.jpg

しかもよくみると キャブに通じるエアホースに亀裂が入ってますな


まあ エアホースなので ビニールテープグルグル巻きにして終了!

SPYCY2-8.jpg

ついでに チョット拭いて完了!!

・オイル交換!
ドレンボルトを緩めて オイルを抜いてやり
規定の10W-30 SJ以上のオイルを入れてやります
ちなみにスペイシーのオイル量0.8L

SPYCY2-12.jpg

オイルを抜いた際には
ついでに オイルストレーナーも掃除しておきましょう


SPYCY2-11.jpg

オイルストレーナー部のボルトを緩めると 
ストレーナー(単なる茶漉しみたいな金網)が出てきます
のでゴミを取り除いてあげましょう

機関部は大体コレでOKだな!!

ってことで  

磨き上げてやろう |^▽^)ノ
ボディは コンパウンドで一皮向いてやって
その後 WAXがけ
樹脂部はシリコンスプレーで保護してやると
そらもうビッカビカ!!|^▽^)ノ

SPYCY2-13.jpg

スペイシー復活でございます! ^▽^)ノ

いや~ 超楽しい!
やっぱ 機械いじりはやめられないね (^o^)/

そのうち タイヤとプラグを交換しようっと

 

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]