忍者ブログ
プラモ製作記や日々の出来事を気の向くままに~
最近 ふと思うのですが
映画とか音楽とか車とか 
そういった諸々の文化って
1980年代が絶頂だったのでは
無いかと 私個人的に思っています。。。。
なぜか 気づいたら 
心揺さぶられる物が
全部 1990年以前ばっかりで
ふと、そう思いました。。。










PR
ホビーフォーラム2016!!

ホビーフォーラム2016!!

ホビーフォーラム2016!!

今年もやってまいりますよ~!
横浜ホビーフォーラム2016!!(^O^)/
カーモデル、ミニカー好きの皆様
来る2016年11月6日
横浜大さん橋に集まれ~!!

モデラーズクラブの作品展示や
各ショップのプラモやミニカーの販売
等々、ミニカーやカープラモ大好きなら
かなり、楽しめますよ(^O^)/

今年は腕利きのカーモデラー達が
精魂込めて作った作品の
オークションも開催されます
誌面を飾った作品等々、
なかなか放出されない作品が
沢山ありますので
この機会に是非!(^O^)/

完成品のオークション出展作品はこちらです

当方 
モデルカーズ236号 V8フェラーリ特集の作例
フェラーリ308GTBクワトロバルボーレを
出展させて頂きますので 
誰か買って~(^O^)/

おくればせながら 
あけましておめでとうございます 
今年もよろしくお願いいたします (^O^)/


さて 久々の更新ですが


スランプです。。。
なんか 
プラモが上手く出来ません。。。(´・ω・)


はぁ~。。。。 
なんかプラモが上手く出来ないと
元気出ないなぁ~  (;´д`)トホホ…


 


なんというか 
イマジネーション的な物がさっぱりで
モチベーションがアレで。。。
パッション的になんていうか
キャリブレーションみたいな
シティコネクションクリアで
サティスファクション
マスターベーション


( ̄。 ̄)ブツブツ 


( ̄。 ̄)ブツブツ


。。。

( ゚д゚)ハッ! 



やばい 
こりゃプラモ依存病だ!
頭がプラモで
いっぱいになってる



  


イカンイカン
プラモじゃない事で
リフレッシュしよう!(^O^)/


おもむろに 子供と 
バッティングセンター行ってみた
うきゃー 
空振りばっかだけど楽しい!!!
((o(´∀`)o))ワクワク


そして
久々にギターでエルビス弾いてみた
 
うひょー 楽しい
エルビス超カックいい!!
たまらんですな
((o(´∀`)o))ワクワク



そして 
おもむろに
こんなDVD買って見た


 
うほほほ~!!!
いいよ! S50系から R34までの
スカイラインのCMがほぼ収録されてる
(なぜかR30系だけ収録されてない。。。版権の問題ですか?)
中でも ケンメリのCMがやっぱ最高傑作だね
生活におけるスカイラインの存在意義
ここまで明確に解かるっていうのは
素晴らしいよ 
このCMの影響で
ケンメリが爆発的にヒットしたのも解かる気がする!!
((o(´∀`)o))ワクワク


あああ 
やっぱ スカGいいな~
実車もイジりたいなー

そんなんしているうちに
モリモリ イマジネーション沸いてきた

ってことは
脳内バランスが整って
リフレッシュ出来たって事だな



さて プラモでも作るか(^O^)/

 

本日は宣伝を少し



モデルカーズ227号にて
作例を担当させて頂きました。(^O^)/
http://shopping.hobidas.com/shop/g/g109588/

  


 


もうひとつのスカイラインというテーマで
ちょいと マニアックな スカイラインが特集されてます

「GTRも好きだけど、身近な普通のグレードも好きなんだよな~
 スカイラインか~。。。。。
 そういや 昔、スカイラインの事を 「スカG」って呼んでたな、
 通学路でいつも見てたスカGカッコよかったな~
 たまたま そのスカGが駐車してなかったりすると
 ガッカリしたもんな~  あ~ 懐かしいな~。。。  」


っていうアナタ! 
是非 モデルカーズ227号を拝見ください。
通学路の気になるスカG感覚が蘇って来ますよ! (^O^)/


追伸
スカイライン特集の作例を担当できるなんて
とてもウレシイです! 
夢がひとつ叶いました
当HPを見て下さっている皆様のおかげでございます
誠にありがとうございます。


プラモやっててよかった~! (^O^)/

さて 本日は
模型塗装用のエアコンプレッサーのお話



現在 当方が使用しているエアコンプレッサーは
エアテックスのAPC001というやつで
かれこれ6年ぐらい使用している


 スペック AIRTEX APC001
 最高圧力:約0.38Mpa(約3.8kgf/cm2)
 空気吐出量:約20/min(50Hz),約21/min(60Hz)
 動作音量:47dB


このコンプレッサーはレシプロタイプで
かなり高圧までだせるので 
塗装前にホコリ飛ばしも出来て
とても重宝している


だがしかし!!!!!!!!
たまに すこぶる調子が悪くなるのだ ε-(・´ω`・)ゞ


スイッチを入れ、稼動するも
一向に空気圧が上がらない
症状に見舞われる


その都度、分解して直すのだが
原因として 今の所 3パターンあった 


パターンその1
リードバルブの気密不良

このペンで指している所が
リードバルブ




この下にはOリングがあり リードバルブとOリングが
ピストン上昇時以外の間は密着していなければならない

 

しかし 経年劣化でリードバルブとOリング双方がヘタリ
気密が保てなくなるのだ 

小手先修理方法
リードバルブとOリングを綺麗に掃除し
リードバルブを微妙に曲げたりして 微調整でごまかす


パターンその2
ピストンシリンダーのガタ増大による
エア供給量不足


 


このピストンシリンダーは
Oリングによって 押さえ込まれて
固定されているが Oリングの劣化によって
ピストンシリンダーがガタが出るようになり
圧縮空気が逃げてしまい 気密室に空気が送り込めない


小手先修理方法
厚紙でガスケットをつくり
Oリングの下に敷きヘタリ分Oリング高さをかさ増しする


・パターンその3
クランクとモーター軸の固定ねじの緩み

 

ペンで指している 所にイモネジが付いており
それが緩んでしまい モーター軸の回転がクランクに伝わらなくなる


修理方法
これは簡単 (^O^)/
イモネジを締めるだけ
(イモネジがシャフトのへこみ部に来るように注意)


 最近、パターン1、2の発生する
回数が増してきた。。。。。
っていうか 発生確率50%程度。。。
部品の限界が来たらしい


ああ。。。小手先修理じゃなくて
本格的にOHしたい
早速 補修部品が入手可能かネットでメーカのHPをチェック


故障の際は修理センターにご依頼くださいって
書いてある。。。
一応 部品を売ってくれるか電話で聞いてみる


「あ~部品単位では販売していないですね~」


ショボーン。。。。 (´・ω・`)
 
それじゃ修理から返ってくるまで 
塗装出来ないじゃんか。。。
それは 困るのだ。。。


部品さえ交換すれば 
ものの10分で修理出来るのに。。。


お願いだから補修部品をネット注文可能にしてくれ。。。
ゴムガスケット類、リードバルブ、ピストンリングさえ
あれば このコンプレッサーは復活するのだ


。。。。


あ~使えそうな
補修部品ないかな~
とHPをスミズミまで見ていると


んっ?(゜○゜)!
8100円!?


マジか!?
今、使っているエアコンプレッサーは確か2万近くしたはず
その後継機種が 8500円!?


激安じゃん!

ワーイ♪♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪ワーイ

だったら 新しく買った方が全然いいじゃん

ってことで 新調しちゃった (〃∇〃)


 


じゃーん!!! APC017
(APC001の後継機らしいがスペック的には001と同じっぽい)


但し、8100円で買えるのは在庫処分品らしく
変な色しかないが。。。 σ(^_^;)


 


一応、リードバルブの微調整、自作ガスケットによる
Oリングかさ増し、ピストンリング微調整
等、部品が無い状態で出来る 
最大限の整備をした小手先修理001と圧力比較をしてみた


001の最高気圧(小手先修理状態) 

 

公証(約3.8kgf/cm2)だが4kgf/cm2出てますな!!
エアブラシを吹くのに全然問題無ですな
しかし、部品を新品にしていないこの状態では
多分またすぐ 不調に陥るだろう(´・ω・`)


017の最高気圧




公証(約3.8kgf/cm2) だけど 4.3kgf/cm2!


おお やるな~!!!
さすが新品!
公証値をはるかに上回るいい感じですな (^O^)/ 


なにより 壊れるかどうか
ハラハラしないで 安心して吹ける感じが
最高です!!


おススメですよ
APC017の在庫処分品
8100円なら文句なしっす (^O^)/

http://www.air-festa.com/goods/1406092377625/


本当はリニア式のL7とかも 
使ってみたいと 思っているのは内緒だ。。。 σ(^_^;)

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]